‘’ タグのついている投稿

通リハだより 12月号

2019 年 2 月 2 日 土曜日

ここのところの気温がやっとマイナスになり

辛いけれども、ちょっと安心している。といったところですが

いかがお過ごしでしょうか。

通リハの12月のご報告をいたします。

12月といえば

恒例となりました クリスマス会 と 忘年会ですが

今年のクリスマスも素晴らしかった☆

シェフが来てくださり、お手製のブッシュドノエルとショートケーキを

切り分けてくださり

紅茶やコーヒーをカップでいただく・・・

なんと贅沢な時間を過ごしていただいたでしょうか。

気持ち、皆さんの表情も仕草も

紳士・淑女のようになっておりました。

2日間のクリスマス会のあとは

お楽しみの忘年会!

今年も職員が試行錯誤して

とにかく笑って楽しんでいただきました。

最後にとあるご婦人の利用者様が

「あたしは職についてなかったでしょう?だから“忘年会”だなんて生まれて初めてなのよ。

こんなにも楽しいことをするのね~」とつぶやかれ・・

はっ!としました。

皆さん、いろんな事情で農業だったり、専業主婦だったり

飲み会ですら 出来ない状況下にあったかもしれません。。

こういった行事が実は、心を癒したり

心から楽しませることができているのであれば

職員の試行錯誤で若干の苦しい思い(笑)も救われるというものです。

来年も楽しんで皆様に関わっていきたいと思います。

通所リハビリテーション 佐藤(三)

(医)新生会 福島病院 TEL 0974-22-3321

通リハだより 12月号

2018 年 1 月 8 日 月曜日

あけましておめでとうございます☆

年明け早々に雪が降ったりと、寒波がやってきていますが

体調を崩さずにお過ごしでしょうか??

12月の通リハの活動報告をいたします。

22日、keiアロハ紅の会の皆様が暖かいハワイの風を届けてくださいました。

可憐な衣装にフラダンスと懐かしの曲を歌って利用者の皆様が喜ぶ顔が見られました。

25,26日にはクリスマス会として シェフが腕を奮ってくださったクリスマスケーキのバイキングが催され

目と舌で楽しんでいただきました。

27日から4日間は恒例の忘年会でした。

年に一度の職員の出し物が見られる希少な期間です(笑)

今年も大いに笑っていただき、笑い納めをしていただけたと思います。

今年もいっぱい笑って過ごしていただいて

気づいたら身体が強くなっていたーというように過ごしていけたらいいな。と思っています。

今年もよろしくお願いいたします☆

通所リハビリテーション 佐藤

(医)新生会 福島病院 TEL 0974-22-3321

通リハだより 12月号

2017 年 1 月 11 日 水曜日

12月の通リハは、クリスマス会、忘年会で盛り上がりました。

「クリスマス会」では、見目麗しいケーキとシュークリームを、シェフが目の前で切り分けて、利用者の皆様に配ってくださいました。

この時期の恒例となったコーヒーカップでの「コーヒーと紅茶のサービス」も、とても喜んでいただいているようでした。

忘年会では、今年は利用者様主体の「カラオケ」や「踊り」へと移行しつつも、職員のカラオケや、一芸等で盛り上がっていただき

年末の笑い締めをしていただきました。

2016年も利用者様やボランティアで来てくださった方々とのご縁が繋がった、いい一年となったように思います。

2017年も、利用していただく方にはより一層楽しく、長く利用したくなるような場所としてありたいと思います。

よろしくお願いいたします。

通所リハビリテーション 佐藤

(医)新生会 福島病院 TEL 0974-22-3321

通リハだより 12月号

2016 年 1 月 6 日 水曜日

あけましておめでとうございます。

12月は行事がいろいろとありまして、あっという間に過ぎ去っていきました。

そうでなくても、世間的にも時間が経つのが早い!という声をよくききます。

そんな中での12月のご報告です。

12月は後半の週で、クリスマス会と忘年会を行いました。

今回のクリスマス会では、利用者の皆様で各々のケーキを飾って、食していただきました。

24、25日には大分市内からシェフをお招きし、2種類のケーキとフルーツいっぱいの、本格的なクリスマスケーキをプレゼントしていただきました。

最終週には恒例となりました、職員によるかくし芸の忘年会を催し、利用者の皆様に大笑いしていただきました。

今年も、芸達者な職員が揃っておりまして(強制ではありますが)本当に楽しんでいただけたと実感しております。

30日には庶務の芦刈さんによる「親父バンド」による太鼓とギターの演奏が響き渡り、これもまた利用者さまに喜んでいただけたようでした。

こうして一年の行事が終わっていったのですが、今年もまたいろいろと挑戦していこうと思っています。

利用者さまも、スタッフも、皆で笑顔がいっぱい出るレクを目指して。

今年もよろしくお願いいたします♪

通所リハビリテーション 佐藤

(医)新生会 福島病院 TEL 0974-22-3321

通リハだより 12月号

2015 年 1 月 10 日 土曜日

あけましておめでとうございます。

本年も変わらず通所リハビリを宜しくお願いいたします。

と、新年の挨拶をしたところで12月の行事報告です。

もうしわけありません;

行事は年末まで立て込んでいました。

まず12月の13日に かぼちゃクラブさんによる“太鼓演奏”が行われました。

ドンドンとお腹にまで響いてくる音と、それを華麗に演奏する姿に皆さん目を見張って見つめておりました。

演奏後、体験として何名かに太鼓を叩いていただきましたが、皆さんお上手でとても楽しそうに演奏してらっしゃいました。

23日からは恒例の忘年会とその間の25,26日はクリスマス会を催しました。

クリスマス会はカラオケの後、本番のケーキバイキングになるのですが今年も色とりどりのケーキと、シュークリームに舌鼓を打っていただきました。

コーヒーカップでのコーヒーもいつもと違って、お洒落に飲まれていて喜んでいただきましたが、こちらも嬉しい光景が見れた気分でした。

忘年会の方は、今年は『浦島太郎』の話をモチーフに、趣向を凝らしてみましたが大笑いしていただけたようで、大成功でした。

最終日には職員のKさんの娘さん二人が去年流行った『アナと雪の女王』をきちんと変装してなりきって唄ってくれました。

毎年やっていることではありますが、利用者様が楽しんで下さる姿がこちらの励みにもなります。

そして芸も年々磨かれていくわけです!

来年・・・ではなく、今年の通リハもますます精進していきますので宜しくお願いいたします。

通所リハビリテーション 佐藤(三)

(医)新生会 福島病院 TEL 0974-22-3321

通リハだより 12月号

2014 年 1 月 31 日 金曜日

あけましておめでとうございます。

今年もより一層、皆さんが楽しんでいただく通リハを目指していきたいと思います。

よろしくお願いいたします^^

と、書いた矢先に先月の12月の行事の紹介です;

12月は恒例行事、ボランティアと目まぐるしく行事が行われました。

3週目に、調理レクとしてケーキを利用者さんに作っていただき、18,19日にはシェフが来てケーキバイキングを行いました。

今回もオシャレなランチョンマットとコーヒーでいつもと違う雰囲気作りができ、皆さんのお顔もお澄ましだったようです。

次の週には生け花教室が一日だけ催されました。

南天と松、竹、梅を使った新年に向けての生け花になり、男女問わず熱心に生けていただきました。

そして最終週には職員による忘年会。

通リハ劇団による子芝居を見ていただきました(笑)

今年も、練りに練った寸劇、歌、芸が披露されましたが最終日には小さい子供さんの飛び入り参加があり、AKBをアイドルさながらに踊っていただきました。

とても喜んでいただきました^^ちなみにKさんの子供さんでした。ありがとう^^

今年もまた、皆さんに楽しんでいただくべく、技を磨いていこうと思います。

通所リハビリテーション 佐藤(三)

(医)新生会 福島病院 TEL 0974-22-3321

通リハだより 12月号

2013 年 3 月 9 日 土曜日

アップが遅くなってしまい、、申し訳ありません><;

12月から行事がてんこ盛りだったのでご報告したいと思います。

12月にはひょっとこの皆さんが来て下さいました。

ユニークな踊りに笑いが絶えませんでした。

そして年末恒例のクリスマス会と忘年会が年末の1週間に渡って催されました。

クリスマス会は栄養士さんとの話合いのもと、ケーキバイキングを行ったのですが

今年もキレイなケーキが並べられました!

クリスマス会は22日の一日だけだったのですが、ケーキとコーヒーのセットおやつは

年末まで続きました。

そして今回の忘年会は、職員が趣向を凝らして 「天の岩戸」をモチーフにした寸劇?をしまして

天の岩戸に閉じこもった「天照大神」を宇田や踊りで誘いだそう!という筋書きに乗っかって、

職員が一芸を披露するという展開を考えました。

今年から仲間になった職員も。

お馴染みになった職員も。

利用者様も

楽しく踊って唄って騒いで。

この一芸で大笑いして一年を締めて頂きました。

通所リハビリテーション 佐藤(三)

(医)新生会 福島病院 TEL 0974-22-3321