‘’ タグのついている投稿

通リハだより 4月号

2017 年 5 月 19 日 金曜日

今年の桜は

散るのが早かったですねーーー。

そして あっという間に新緑の頃を迎えました。

いかがお過ごしでしょうか??

こちらは 3月の末に 「keiアロハ紅の会」の方々が来てくださり、素敵な踊りと美声のカラオケで年度末を締めくくってくださいました。

毎回、本当に元気を頂きます!ありがとうございます!

4月にはお花見ドライブがなくなったのでせめて満開の桜の下を通っていただこう、と

プチお花見ドライブがてら川べりの桜を眺めて帰路についていただきました。

開花前に寒さが訪れて、開花が遅くなったり

咲いたと思ったら雨が降ったり・・

満開になったらすぐに桜吹雪になってしまいました、、が

なんとか一週間持ちこたえることができ少しでも利用者様に楽しんでいただけたのではないかと思います。

桜が終わっても今は色んな種類の花が色とりどりに咲き誇っていますね。

そういう日々の景色も楽しみながら送迎の間も楽しんでいただきたいと思います。

通所リハビリテーション 佐藤

(医)新生会 福島病院 TEL 0974-22-3321

通リハだより 12月号

2017 年 1 月 11 日 水曜日

12月の通リハは、クリスマス会、忘年会で盛り上がりました。

「クリスマス会」では、見目麗しいケーキとシュークリームを、シェフが目の前で切り分けて、利用者の皆様に配ってくださいました。

この時期の恒例となったコーヒーカップでの「コーヒーと紅茶のサービス」も、とても喜んでいただいているようでした。

忘年会では、今年は利用者様主体の「カラオケ」や「踊り」へと移行しつつも、職員のカラオケや、一芸等で盛り上がっていただき

年末の笑い締めをしていただきました。

2016年も利用者様やボランティアで来てくださった方々とのご縁が繋がった、いい一年となったように思います。

2017年も、利用していただく方にはより一層楽しく、長く利用したくなるような場所としてありたいと思います。

よろしくお願いいたします。

通所リハビリテーション 佐藤

(医)新生会 福島病院 TEL 0974-22-3321

通リハだより 9月号

2016 年 10 月 6 日 木曜日

通リハでは 9月の26日に豊後大野市民コーラスのボランティアの方々がきてくださいました。

カラオケのボランティアは今までもあったのですが

コーラスは初の経験!

利用者の皆さんもですが、職員もワクワクして聞かせていただきました。

始めに一列で素敵なハーモニーを聞かせていただいて

その後は、利用者様の間に入っていただいて

一緒に触れ合いながら、昔懐かしい曲を聞きながら

一緒に口ずさんでいました。

口ずさむ時も、利用者様は普通に歌っていたようですが

周りが本格的な発声で歌っていましたので

つられてオペラ歌手のように上品に歌えていたようでした。

また機会を作って来て下さるとのことです。

楽しみに待ちたいと思います!

通所リハビリテーション 佐藤

(医)新生会 福島病院 TEL 0974-22-3321

通リハだより 8月号

2016 年 9 月 10 日 土曜日

暑い暑い夏が過ぎ去ろうとしています。

お盆を過ぎたらあっという間に秋の風が吹き始めましたね。

今年の通リハの8月は、お盆にあわせて「饅頭作り」をしました。

調理レクになると、皆様の動きは普段とは格段に違ってきます。

生地をこねる動作は、イスから立ち上がってする方も多く、こなれた手つきも見受けられました。

生地を丸める動作もお手のものでしたが、たまに見られる“破れ饅頭”も笑顔を誘っていました。

8月の5日には「紅の会」の方々がフラダンスとカラオケを楽しませてくれて、暑いハワイの風も届いたようでした。

お久しぶりの訪問になりましたが、「紅の会」の皆様も相変わらずの若さと、パワーで元気をお裾分けしていただきました。

9月も残暑に負けずに楽しく過ごして行きたいと思います。

通所リハビリテーション 佐藤

(医)新生会 福島病院 TEL 0974-22-3321

通リハだより 2月号

2016 年 3 月 14 日 月曜日

2月もあっという間に折り返し地点・・・

を通り過ぎ、残すところあと僅かとなりました。

本当に早い!

まさに2月は“にげる” ですね;

そんな中、2月のレクとして 「節分豆まき」を行いました。

鬼に扮した職員に豆の代わりの新聞紙を丸めたものをぶつけていただくのですが。。

時に“豆”が足りずに素手で鬼を叩く方もおり。。

走り回るのとぶつけられるのと、おまけの叩かれるのと、で

職員はへとへとになっていました(笑)

でもこれを無くすと、利用者様の楽しみが減るしなぁ・・と話し合った結果ですので、いいんです(笑)

その後は、新聞紙の豆、くるみ、ビー玉、おはじきを箸で渡していく手先のリハビリもやっていただきました。

楽しみつつ、手先のリハビリもできるという一石二鳥なレクでした。

10日に、今回初の試みで 大分西高校の3年の学生さんによる演奏会が催されました。

ブラスバンド部の4人の女学生さんにサックス、フルート、ギター、ピアノでの曲を聞かせていただきましたが

間近で聞く本格的な音と、彼女たちの純粋できれいな歌声に 皆さん聞き入っていました。

もうすぐ卒業して、それぞれの進路を進むため、ばらばらになるそうです。。。

が、こちらに帰省した時にはまた集まって、こちらで演奏してくれたら嬉しいなあ・・・と思います♪

19日には、3,4ヶ月に一度の keiアロハ紅の会の皆様のフラダンスとカラオケを鑑賞していただきました。

この会の皆様は本当にはつらつとされていて、開始前のお話しだけでも元気を分けていただきました。

もちろん踊りと歌にも、元気をもらい、衣装の可愛さにも目を奪われ楽しい会になりました。

次回は5月に来て下さる予定です。楽しみに待っています。

通所リハビリテーション 佐藤(三)

(医)新生会 福島病院 TEL 0974-22-3321

通リハだより 2月号

2015 年 3 月 24 日 火曜日

2月の通リハは一週目に節分のレクを行いました。

豆まき、として新聞を丸めたものを鬼に投げつけるのですが、今年もやってるうちにエスカレートし、、

『手で叩かないでーー!』と鬼が叫ぶという事態になりました。

その後は、新聞紙を小さく丸めたお豆20粒とクルミ、ビー玉、おはじきをそれぞれお箸で渡していくという、手指リハビリを行いました。

つるつると滑りやすい素材は、日頃扱っていないこともあり悪戦苦闘しながらも楽しんで、隣の利用者さまと協力して箸渡ししているのが印象的でした。

通リハでは、動かす機会の少ない動作や関節等をできるだけ動かしていくような運動を、楽しみながら♪できれば。と考えています。

いい案がある方、よかったら教えて下さいね。

また2月13日にはkeiアロハ紅の会の方々がボランティアに来て下さいました。

お会いする度に若返っている会の方のフラダンスとカラオケに元気をいただきました。

ありがとうございました。

通所リハビリテーション 佐藤(三)

(医)新生会 福島病院 TEL 0974-22-3321