‘福島病院自転車部(仮)’ カテゴリーのアーカイブ

暑さに負けて湯布院

2019 年 5 月 27 日 月曜日

福島病院自転車部です。
まだ6月なのに夏並みの暑さになっている今日この頃。湯布院での自転車イベント

湯布院ライド2019

に参加してきました。

今年で10回目だそうです。県内はもとより福岡熊本からも参加者がおり、全部で300人くらいはいたのでは?
福島病院自転車部からは、剛脚N氏メタボ相談員Sが参戦。また昨年と同じく?助っ人で紅一点のAN氏も参戦。みんな昨年と同じく70kmに挑戦です。

昨年は普通に70km走れたのでそれなりに余裕があるつもりでしたが、日差しがきつそうです。
まずは無難に第1休憩所(由布岳登山口そば)へ。ミニハンバーガーとチーズケーキを美味しくいただきます
そこから勾配10%強の山にちょっと登り高速道路に沿ってアフリカンサファリへ。

その途中でちょっと自転車の事故があった様子で、ちょっと速度落として~と思ったら前のシフト変速不良。あれ?昨年の4耐(SPA直入)で切れて修理したはずですが?
アフリカンサファリから先はかなり高速(重いギア)でかっ飛ばせるはずですがギアが使えないので惰性だけで坂を下っていきます。高ケイデンスは苦手なので速度出ないこと出ないこと。
(仙の岩の第2休憩所
第2休憩所で(暑さで)結構バテてます。ここからは第3休憩所までずるずると生殺しのような坂が続きます。坂自体はきつくないのですがとにかく暑くていかんです
で、結果
第3休憩所まで残り500mというところで熱中症MAX!! 坂は上がれるんですが歩くのと変わらない速度。日陰に入ったらそのまま寝てしまいそうな倦怠感。第2休憩所でしっかり休んどくべきだったと思っても後の祭り。
とりあえず山の上の第3休憩所まで意地で登って、後の数kmはほぼ下りだけなのですけれど、普通に走行中に寝て事故りそうなのでリタイア宣言。車でゴールのクアージュ湯布院へ。
もう、スタッフの方たちスミマセンでした!アリガトウゴザイマス!
(←結局運んでもらったマイ自転車)
熱バテで食事何も食べられないかなぁ~と思いカレーライスは遠慮し、野菜のだし汁漬け牛串をいただきました。
野菜むちゃくちゃ美味しかったです。おかわりしまくり♪ さらに新鮮な牛乳もいただき、肌で感じるほどのスタミナ回復!! 非常に良かったです!! ごちそうさまでした!

今回は走り込みも自転車メンテも全く足りていなかったのでバテてしまいました。来年は練習をもっとせねば!!
(文:湯布院ライドスタッフから「あぁ、前にクランクもげた(六角レンチ使った)人!?」と一昨年のことをおぼえられていて多少赤面気味のメタボ相談員。ホントスミマセン)

ツールド国東に参戦しました

2019 年 5 月 9 日 木曜日

10連休となったGWのまっただ中、5月3日(金)、天候にも恵まれ、福島病院自転車部は例年の

ツール・ド・国東

に参戦してきました。
今回は、剛脚N氏N父(75kmコース)、A会長(160kmコース)、私 坂好きH(160kmコース)が参戦。
まず160kmコース:時間制限付~からスタートです。毎度のことながら参加者が多すぎてA会長、N親子に会えないままスタート

前半は山を中心としたコースなのでアップダウンが激しく、体力を消費します。新緑に萌え輝く山々はキレイなのですが、ゆったり眺めている余裕などあんまりありません
オレンジロード~武蔵町、安岐町を経由し、旧大田村で休憩。さらに山を越え豊後高田市へ。
真玉町の粟嶋公園(93km地点)で昼食休憩です。
おにぎり、豚汁、たこ焼き、唐揚げ、と食べ過ぎに注意しなければいけないほど食べ物が充実していました。
その後は213号線に沿って海岸線をひた走り、恋叶ロード~大分空港~杵築市へ。ここも美しい海岸線を楽しみながら走りたかったのですけれど時間制限があるので景色見る余裕無く一路ゴールの杵築へ、、

終点である杵築市文化体育館に無事(足切りにもあわず)つきました。かなり充実したライドとなりました。

(文:福島病院自転車部 結局自転車部の面々と会うことなくイベント終了した酒好きH)

宮崎食べまくりサイクリング

2019 年 2 月 18 日 月曜日

福島病院自転車部です。
つい先日の2月17日(日)、三重町内の自転車仲間よりお誘いを受け、当院自転車部初他県でのイベントに参加してきました。
宮崎県児湯郡(日向市と宮崎市の中間。川南町を中心とした5町)を舞台とした

ディスカバリーグルメライド in 児湯 2019

というイベントで、美食=グルメライドです。今回2回目だそうです。
(早朝7時から皆さん集合)
福島病院自転車部からは、防寒の服装に最後まで悩んでたA会長、坂好きH氏、新車購入で燃えているSi氏、私メタボ相談員Sの4名が参加。
A会長・Si氏は「健脚80kmコース」。H氏と私Sは「剛脚100kmコース」に挑戦。

私、宮崎で海沿いですから海岸線をゆったり走るポタリングイベントですよね~と、平地向けの疾走が楽な(チタン)自転車で参戦して、、地獄見ました♪♪
さて競技開始。まずは都農町都濃ワイナリーめざし20kmほど走ります。
ゆるやかな見晴らしの良い道に鶏さん、豚さん育成小屋を通り過ぎ、、のんびり~(ではなく、先導のスタッフさんがちょっと早めのペースで走ってくださるので、良い練習となるペースになってきます)で走ります♪
100kmコースは最後に激坂がある」という情報だけ得ていましたので最初はスローペースで、と思っていましたらワイナリーへの激坂登場(笑)
脱落者坂を押して上がる人続出。自分も運動不足がたたり右足痙攣左脇腹痛に。最後の坂のために温存しましょうと坂の3割は押しました(←へたれ)

ワイナリーではトマトカレースープパンが振る舞われます。
ここから次の休憩所まで25kmは平坦基調になるので高速で走れます(←平地番長)。漁港の前などはどこまでも続く海岸線が見られ楽しく走れます
さて第2エイド。高鍋町餃子パン餃子パイが振る舞われます。

(←ワイナリーに試飲ワインが無いことに失望中のH氏。自転車でも飲酒運転は×)
11時ですが、なんというか昼食休憩
足の攣りも平地巡航で軽減しましたので、、ここから山に近くなり正念場かな?(笑)
と思っていましたら新富町の第3エイドは近く、数kmで到着。鶏飯ライチティーがお出迎え・・・餃子パン食べたばかりなのでこの後の坂で嘔吐しないために(鶏飯に後ろ髪引かれながら)ライチティーとバナナのみいただきました。美味しかったです♪
さぁ、木城町の第4エイドをめざしまた25kmほど走ります。きつくはないのですけれど、緩やかに登りが続くので速度が出ません(←だからまず痩せろと、、)。

で、第4エイド。ロールケーキコーヒーが振る舞われます。ここで健脚コースと剛脚コースは別れ、剛脚は30kmほど山を登る、、そう!! ここからが本番です!!
ヨシ! 峠を目指し川沿いを登る!! と思っていたのですがそんなにきつくありません。むしろ緩いあれ? この残り30kmが一番きつい聞いて(ワイナリー前など)セーブして走ってましたが? あっさりと峠の折り返し点へ。最後がこんなに楽とは~と調子こいて高速巡航♪

そして、残り10km地点で再度健脚コースの人たちと合流し後は平地だけのはずだし楽勝♪と思っていたら「剛脚コースは左(激坂)へ~」と指示が!!

こっちが本番でしたか!?

・・・斜度だけならワイナリーが上ですけれど坂が長いので結構体力削られます。というか先ほどの峠で調子こいて体力使ってます右足が再度攣らないように走っていたら左足攣りました。自転車整備が十分じゃなかったので一番重いギア2段と一番軽いギア1段しか使えなくなって無駄に坂がきつく!! まぁでも足つかずに坂制覇♪ あとはゆったりとスタートの川南町へ。
両足攣りました。カーボンサドルでおしりが割れそうに痛いです(←自業自得)。でも楽しかったですね
ゴール後は川南町三元豚(焼き肉&豚汁)が振る舞われ、美味しかったです!
(完走証明書)
まだ2回目なのにスタッフ・サポート体制がしっかりしていて走り食事も非常に楽しんで走ることができました。児湯郡の皆さん、ありがとうございました!! 参加した他の面々もかなり満足げではありましたので、次回も是非、全員で剛脚コースに参加したいですね

(文:三元豚がとっても美味しかったので直営店へ広告を頼りに買いに行ったら、スタッフがこの自転車イベントへ肉焼きに来てくれているためお店が休みになっていてションボリして大分県へ帰った相談員S

2度あることは3度ある4耐

2018 年 11 月 24 日 土曜日

福島病院自転車部です。
大分県における大きな自転車競技イベントとしては年の最後となる

大分サイクルエンデューロ

の時期がまたまたやってきました!!
4時間延々と走るだけのイベント。でも実業団レベルの走りを間近で見られる(勝負になるとは言っていない)チャンスではあるので毎年参加させていただいています。話してみると福岡、熊本からの方も結構おられ、知名度もあるのかと思います。まぁ、福島病院は今年も私メタボ相談員Sのみではありますが。
今年は去年に引き続き竹田市のサーキット場・SPA直入で11/23開催。

5月のツールド国東と同じ直線最速仕様緑号で行く予定でしたが、坂好きH氏より「S氏は坂が遅いんだから軽い坂登り用ロードバイクで行った方がよいのでは?」と助言をいただき、赤号(一応万能型)で参加。緑号もスペアバイクとして準備。

昨年の「受付時間にあわせて行ったら結構PIT空きが少なかった」反省を踏まえ、30分ほど早く会場へ。

あれ? 去年より参加者多い?30分前にしてPIT空き無し(泣)。寒空の風吹きすさぶ中準備をします。昨年も結構寒かったのですが今年もよく冷えてます。というか小雪の舞った去年よりも確実に寒いです!

さて予定通り9時に競技開始。言い訳ですが、今年は赤号に全く乗っていなかった(!)のと、ここ3ヶ月、ろくに長距離走行が出来ていなかったので昨年よりも記録は悪くなるだろうなぁとは思っていました、、、
(←これは11時頃の写真)
淡々と走ります。昨年と同じく4周目に周回遅れに。走り込んでいる方々はやはり速いです。
自分は、遅い上に練習不足で40分時点で左足痙攣。1時間時点で両足攣りました。駄目じゃん。
・・・それでもペダルこいで意地で走っていたら、昨年よりは少し速いペースっぽい→コレはイケル!!と調子こいていましたら3時間時点でシフトワイヤー断裂。前の変速ができなくなり(坂は問題ないけれど)平地で全然速度が出せなくなり、、、1時間残してリタイア
スペアバイク出しても良かったのですが、タグ交換(走行記録つける機械)が面倒なので中断。まぁなんといっても自分の整備不良

1年目 転倒クラッシュ。でも一応完走(大銀ドームコース)
2年目 チェーン切れ。でも一応完走(SPA直入)
3年目 シフトワイヤー断裂。3時間でDNF(SPA直入) ←NEW!!

で、年々記録が悪くなっているので何とも。当然今年が一番疲れていませんわ。
冬の間はもう少し頑張って練習しましょう、、

(文:辺り構わずゴミ捨てまくる隣チーム(20代?)にかなりいらいらしていた相談員S

ママチャリで世界は狙えるか?

2018 年 11 月 5 日 月曜日

福島病院自転車部です。
11月4日(日)、大分県竹田市にあるサーキット場・SPA直入にて行われた

チャリ1グランプリ in SPA直入

に参加してきました。
めざせ!!九州ママチャリ王座!」という名のもと、地元大分県内はもとより、福岡松山?(聞き間違いであって欲しい)からも屈強な自転車乗りが集結!! そして4時間耐久戦を行います!
まぁ、自分は一昨年別チームでオートポリス(日田市上津江町)のママチャリGPに参加したことがあるのですけれども、ガチに走り込む人仮装やネタ受けを狙って走る人混在して何ともいえない緩い雰囲気で楽しいです。

さて、今回初参加となる我々「福島病院♡自転車部」は勇士9名(うち女性2名)、、、自転車部A会長、坂好きH氏、剛脚N氏、オークリーY氏、弱ペダTa氏、坂好きの弟子Hi氏、マスクのT氏、ヒルクライマーAs氏、わたくしメタボSが参集。

(版権的にちとヤバイ自転車へDress UP(笑)
朝はかなり冷え心配しましたが、日差しもよく良いサイクリング日和となりました。


さて、競技開始の時間が来ました。スタートダッシュは足に爆弾を抱えたAs氏。大事をとって最初だけ参加
だがしかし、As氏が得意なはずの坂で爆弾炸裂撃沈すぐにY氏へ交代。
というか(斜度8%ちょい)が重量のあるママチャリには結構難関で、最初は「一人あたり3周で交代しましょう」と言ってましたが、3周目が鬼のようにきつくなるため「2周ずつにしましょう♡」とすぐに妥協

そんなお疲れモードの中、A会長は超余裕坂好きH氏は「おかわり!(もう1周)」と快走。

そして次第に近づく4時間。終わりの時。
ウィニングラップHi氏に。師匠のH氏から「本気のメット」(↑の赤いカバーをつけたメット) と「本気のライディングスーツ・赤」(福岡競輪場でGETした超お宝)が弟子Hi氏に手渡されましたが、なんとHi氏、服を拒否(笑)

さて4時間お疲れ様でした。
(遠かった表彰台・・・)
惜しくも入賞は逃しましたが、後で走行記録見せていただいたら、結構惜しいところまで行っていた様子(実質4位?)

来年と言わず、本家オートポリスが冬と夏、ここSPA直入が秋にまたママチャリGPが開催されるので次回、皆さんもいかがでしょうか? A会長曰く「終わった後、凄くすがすがしい気持ちになった」とのこと。
皆さん、お疲れ様でした♪

(文:賞金10万円に釣られた相談員S

3度目の県体は雨でした

2018 年 9 月 3 日 月曜日

福島病院自転車部です。
9月1日~2日に大分県民体育大会の自転車の部がありました。
例年はトラック競技(別府競輪場)→ロード競技(一般道またはレース場など)の順なのですが、今年は ロード → トラックとなったため日程が合う者が少なく、豊後大野市での出場選手は約半分に減少(まぁそれだけが原因ではないですが)。
福島病院自転車部からは剛脚N氏が出場。私メタボ相談員Sは日程が合わず応援。またAs氏H氏(2日目)も応援に来てくれました。

まず1日目は、竹田市直入のレース場SPA直入での競技です。
天気予報は曇り/雨降水確率60%。かなり心配でしたが、あまり降らずに競技は開始されました。
(←60代+女性カテゴリ競技のスタート寸前)
60代、50代、40代と年齢で競うグループが分けられており、最後に20~30代の「共通(20周)」がスタートします。
(←共通カテゴリのスタート前)
ぎりぎり持っていた天気でしたが、40代のグループの走行あたりから降り始め、共通では傘をさした方がよいレベルになりました。


・・・ですが皆さん雨でも変わらずかっ飛ばしますこと。(50代で1人転倒がありましたが)大きな事故もなく競技は終了しました。
一般道使用の競技よりやはりレース場の方が路面も良いので、速度は出るにもかかわらず事故は起きにくいのかもしれないですね。

2日目、競輪場でのトラック競技は私Sが出席できなかったため写真はありませんが、、参加できなかったのがホントに残念でした。

参加した皆さんお疲れ様でした。

来年はより力をつけて、頑張りたいと思います。

(文:2ヶ月ほど自転車にろくに乗れずメタボに磨きのかかった相談員S)

満喫湯布院サイクリング

2018 年 5 月 28 日 月曜日

福島病院自転車部です。
昨年に続き、今年(5月27日)も出場しました

第9回 湯布院ライド

以前3人でしたが

今年は、A会長坂好きH氏剛脚N氏ヒルクライマーAs氏、私メタボ相談員S。さらに大分市から強力な助っ人? AN氏(紅一点)の6人が参戦。
(今年はカーボン車で(奥の赤いヤツ)。手前はAs氏のバイク)
コースはアフリカンサファリ~院内町の境まで行く70kmコースと、塚原高原側を走る35kmコースがあります。
みんな70km参戦と思っておりましたが、なんとA会長! 35kmコースに!!(←なおA会長。5月3日のツールド国東はその剛脚で96kmコース余裕で走ってました

300名近くが由布院駅の前に集合し、9:30一斉にスタート。湯布院町内をぐるっと回り、別府方面へ次第に山登りをしていきます。

町中はかなりのスローペースなので、おちゃらけでN氏とAs氏が最軽ギアで超高速回転=ハイケイデンスで走り始めました(←作戦1(笑))
14km地点・由布岳登山口前が第1休憩所です。みんなまだまだ余裕です。私Sが一番遅いくらい。
ここからが本番? 10%超えの坂登り→高速道路と併走しながらアフリカンサファリへ。アフリカンサファリの後は下り~平地となり私S的には楽しい暴走(笑)の時間が来ました。普通に下り60~70km/h、平地40km/h台で疾走します。

44km地点・院内町との境が第2休憩所です。
H氏、N氏ははかなり余裕。私Sが数分遅れ。下り~平地が少し苦手?なAs氏が遅れ始めました。As氏が休憩所についたので早速出発♪ 「休めないじゃん!!」とAs氏からツッコミが、、、(←作戦2(笑))

さてここから12kmほど先の峠の第3休憩所までは殆ど登りです。平地はともかく、登りはN氏H氏についていけずじりじり遅れるメタボS。休憩がちょっと少なかったAs氏。 まぁ今年は昨年みたいにクランクがもげるといった惨事も起きず無難に坂をちまちま上がっていきます。というか昨年は鉄自転車→今年カーボン車なのでむっちゃ楽ですわ。

第3休憩所H氏N氏に坂で20分?の差をつけられて私S到着。冷やしトマト最高です。 次に20分?ほどして助っ人AN氏到着(知人にメカトラブルがあった様子)。
あれ?、、、As氏は? 30~40分と時間がたちスタッフが確認のため山を下り始めました
戻ってきたスタッフから「あなたたちの連れのAs氏足の攣りにおそわれています」とのこと。
えーと、つまり上記の作戦1・2が良い具合にAs氏のスタミナを削り取って、ミネラル不足+プチ熱中症状態に!?(←違w)
第3休憩所が撤収を始めたので、As氏には申し訳なくも皆さん出発。
後はちょっと登りがあるものの、日出生台まで良い景色と楽しい下りがあります♪

で、終盤は楽しく疾走で、ゴールの温泉+食事・クアージュゆふいん(由布院温泉館)へ。
するとAs氏先に着いていてグロッキーになっていました。第3休憩所から車で送ってもらったそうで。
鮎の塩焼きおいしかったです♪)
食事処が撤収状況だった昨年(笑)よりも余裕を持って走っていたので、今回は食事を十二分に楽しませていただきました。
鮎は美味しすぎておかわりも♪ うどんもおかわり。プチトマトもおかわり。

先週まで雨の天気予報だったのが晴天に恵まれ、大きな事故もなく無事に終わりよかったと思います
温泉も楽しんでお土産も買って、楽しい一日となりました。
皆さんも観光&サイクリング、いかがでしょうか?
(文:イベント終了後、帰宅途中に車がパンクし山中で立ち往生しかけた相談員S)

足湯でリフレッシュ

2018 年 5 月 5 日 土曜日

福島病院自転車部です。
一昨日の自転車イベント、ツールド国東不完全燃焼気味のメタボ相談員です。
あまりにくすぶっているので、国東イベントの次の日に自転車に乗ってだらだらと大野町道の駅へ。

特に予定もなく出発時刻も11時過ぎのため、福島病院沈田の滝~軽く山登って大野町へ。

さて、大野町の道の駅前に、先月末にサイクルハブ(休憩所)がオープンしました。
簡易休憩所と、自転車をメンテできるスペースと、足湯があります。
自転車乗りだけでなくモーターバイクの方達も来ているみたいで、場所も良いと思います。
(だらーんと足湯で休めます♪)

これだけですと走行距離が短い(15kmくらい?)ので、県道57号沿いに三重町の道の駅を目指します。GWなので結構人がいました。
(ラックは右端のヤツだけ勝手に向き変えました(笑))
三重の道の駅といえば、サイクルラックがあるのも良いですし(ただ、デフォで逆向きに設置なのはなんだかなぁ~?)、中華料理が食べられます♪(←コレ目的)

とりあえず45kmほど走行。日差しもよく、良いサイクリング日和でした。
(文:走行終了の自宅直前でパンクして涙目の相談員 )

鬼に追いかけられて国東

2018 年 5 月 4 日 金曜日

福島病院自転車部です。
GW(5月3日)といえば例年の?国東。そう。ツール・ド・国東の時期がやってきました。
第37回を迎え、西日本最大級のイベントになってしまったツールド国東。昨年と変わらず福島病院自転車部からは、
A会長坂好きH氏剛脚N氏(+N父)、新人As氏、あと私メタボ相談員S6名が参加。
H氏私Sが、Aコース(160km・時間制限付き)
A会長が、Bコース(96km)
N氏家族As氏が、Cコース(70km)に挑戦しました。
(←H氏、新機(白)です♪)
さてA=160kmコースですが、ここだけ時間制限・足切りがあります。
簡単に言うと山道だろうがなんだろうがずっと平均20km/hを出せない人は失格です。「ステッカーを貼ったスタッフ車に回収されます
平地ならママチャリでも時速20~は比較的簡単ですけれど、山は速度が半減します
自分は逆に山はギリギリで走って平地で挽回する(国東の海岸線は40km/h巡航できるのは昨年確認済♪)ことを考え、極端に平地向きの自転車で挑戦してみました結果としては失敗でしたが(笑)
(下の緑のヤツ。ハンドル位置を限界まで下にして平地専用化♪)

さてスタートです。Aコースは前半に山が集中します(Bも同じく)。ニューマシーンで参戦したH氏はさすがに坂をスイスイ登っていきます。
自分はじりじり遅れながら、、、あれ?途中向かい風が強く平地でも速度が落ちてますヤバイ鬼回収車がちらちら見え始めました!!

結果。メタボ相談員S、55km地点で足切り決定(10分オーバー)

先を走っていたはずのH氏も55km地点そばでパンクしDNF(リタイア)。
距離が距離ですので疲れは少ないのですが、まぁスゴイ悔しいこと(あと15km頑張れば、後は楽々な海岸線コースでしたので)
スタッフが気を利かせて?くれて、失格となった人達は自転車でスタート地点へ(直線17kmくらいの山越えをして)戻って良いという話になったので是非にと走らせていただきました。←時間制限がないと超楽勝です♪(ヲイ)

なんというか、不完全燃焼なまま競技終了。まぁ事故もなく良かったと考えるべきでしょうね、、、と思っていたら食事休憩をしている最後の最後に強風が吹き荒れ私の自転車が勢いよく横倒しに!! うわ スゲー傷!!  むっちゃへこんで帰宅の途につきました、、、
(←転倒直後)

なお、H氏と私Sの他の皆さんは楽しく完走できたそうで。良かったです。
来年はより速くなって再度Aコース挑戦ですねぇ~♪
(文:いやそれよりも根本的な対策はまず減量というメタボ相談員S)

とりあえず疾走

2018 年 3 月 15 日 木曜日

福島病院自転車部です。
昨日ホワイトデーに休みがいただけましたので、久々の遠出(100km越え)をしたくなり別府に行ってきました。
(←最近お気に入りのチタン号)
朝方に職場に寄りましたので、午前9時半過ぎに三重町をスタート。
福島病院から別府駅までがだいたい54kmらしいので、2時間を目処に疾走してみます。
コンビニには寄らず、一路(326号線→10号線経由で)別府へ。
途中、大分市羽屋あたりから同じく別府に行く2人組に会いましたので、ちょっと競う感じで別大国道を疾走♪(その人たちは杵築に向かってました)
(熊八さんと記念撮影)
さて別府に到着。駅前で2人組と分かれます。福島病院~別府駅までの所要時間は2時間10分でした。
ちょうど時間も良いので食事処を探しに。以前の記事にも書いたベトナム料理の店を、、と思ったら何故かありません。移転?? 結局見つけられず、失意のまま別大を再度疾走し(笑)、西大分で蕎麦食べました
時間も早い?ので、なんとなく鶴崎まで行って自転車屋に寄ってタイヤ買って帰宅。
なお、帰りは結構自転車ツーリングの方たちとすれ違いました。平日ではあるもののとても良いサイクリング日和でしたものねぇ。とりあえず120kmほど走れたので満足と言えば満足です(時間が許せば私も杵築に行きたかったのですが、、)

皆様も春先サイクリング、いかがですか?

(文:最近の走り足りなさで悶々中の相談員S。少し軽減(笑)