ツールド佐伯 参加記

福島病院自転車部(酒)好きHです。
先日10月13日(日)、ツールド佐伯に参加してきました。

超大型台風19号の影響が懸念されましたが、晴天に恵まれ、私は佐伯市一周(市合併前の1市5町3村をすべて巡る)の160kmコースでスタートしました。
(画像は「田舎の歩き方https://inaka.arukikata.com/」より引用)
佐伯運動公園を起点に、まずは蒲江方面へ山越えです。途中のエイドで佐伯名物が振る舞われ(食べ過ぎると胃がパンパンになるかもと)ちょっといただき、タイムレースではないのでゆっくりと走ります。
山越えは追い風になったので少し楽ができました。しかし、蒲江か米水津への海岸線走行は向かい風というか自転車ごと持って行かれそうな突風も吹き安全第一~と念じながら走ります蒲江で菓子・うず巻きが振る舞われ美味しくいただきました。その先、絶景の「空の公園」までやっぱり逆風で思うように登れない感じでした。
頂上で魚寿司、パン、早生ミカン、ドリンクなど補給が十分にできました。
次は鶴見へ。強風で白波、道路まで越波が迫る状況で・・・やっぱり安全運転で行きましょう。
鶴見では、りゅうきゅう丼と、ごま出汁うどん干物などが振る舞われます。コーラが美味しい。ここで約60km。さぁあと100km!!
と、意気込みましたが、今年は鶴見~佐伯市内~上浦のあいだ殆ど向かい風です。番匠川沿いなど(楽なはずなのに)かなり鍛えられます。あぁ、剛脚N氏も参加しているはずなのでライン・ローテーションで走りたい~と思っていましたけれど、逆に?見知らぬ人から風よけに使われていました。
上浦バーガーポカリコーラを補給し、峠越えで弥生へ進みます。日差しが結構強く、おなかもグルメサイクリングで重くなっており結構時間制限ギリギリかも??と心配しながら走りました。
本匠のエイドで雪ん子寿司竹の子寿司と山の味覚を堪能。よし、あと45km!
バテてきましたが、宇目に向かって峠越えの途中、おばちゃん(エイドではない?)の冷因尾茶で生き返りました!
宇目のエイドでは唐揚げ唄げんか焼き(回転焼き)をいただき、直川方面へ。
残り30kmで日が傾いてきました。足はなぜか調子よくなってきました。直川では「飲む点滴」甘酒と、、限定カブトムシパンは美味しそうですけどおなかいっぱいでもう無理です。
残り10km。地図ではまっすぐな道ですが、微妙にアップダウンがあり体力削られます
そして162km。佐伯運動公園に戻ってきました。
今回は台風余波の強風に苦しめられ、ハンドルをいつも以上にしっかり握り(特に下りは)神経を使いました。

でも、美味しい名物も楽しめ、心地よい疲れを感じられた良いロードバイクライドを楽しめました。

(文:運動不足気味の、坂(酒)好きH)