大分県腎臓病協議会 定期総会

福島病院腎友会です。
先日6月2日、大分県福祉会館にて、大分県腎臓病協議会(分腎協)の定期総会が行われました。
今年は7月7日全国腎臓病協議会の全国大会がここ大分県で行われるため、
スケジュール的にかなり忙しい中での定期総会開催となりました。

今年は基調講演として、大分岡病院形成外科古川先生から「透析患者の足を守る取り組みと正しいフットケア」という話をいただきました。かなり専門的な分野の話もありましたが、参加者は熱心に話を聞き、質問をしていました。

(基調講演)
午後からが分腎協の総会となり、福島病院の腎友会から伊達氏がいままで10年近く県会長職を行っていたのですが、引退となり新会長・池邊氏にバトンタッチが行われました。伊達さん、体調が悪い中、県腎協・全腎協の活動にご尽力をいただきありがとうございます。お疲れ様でした。また福島病院腎友会の活動にも体調の許す範囲で是非ご参加をいただきたいと思います。
(全国大会開催に向け、集合写真)