湯布院・湯けむり・自転車

福島病院自転車部です。
5月28日、由布院観光協会が強力にバックアップしておられる自転車イベント、

由布院ライド2017

に参加をしてきました。

福島病院自転車部からは、、
坂が苦手なくせに坂イベントには参加したがる、私メタボ相談員S
坂と言えば坂好きH氏
先日のツールド国東以降、自転車の魅力に惹かれつつあるSi氏。の計3人が参戦。
(←受付終了後のH氏Si氏
由布院ライド。今年で8回目だそうです。JR由布院駅からスタートし、由布岳を眺めながら安心院そばまで北上し日出生台経由で湯布院町内に戻ってきます。

全体70km獲得標高1200m強。結構な坂があるらしいです。
←私はゆったり走りたいので、アルミやカーボンではなく重いクロモリ車(10数年前のビンテージ品再塗装+20年前のホイール)で参加。坂はかなりきついけど平地巡航はかなり楽しいかなぁと妄想。

H氏が「フル70kmコースA」。Si氏が「ハーフ35kmコースB」に申し込んだのですけれど、、

さて、朝9:30に由布院駅を出発。
250名ほどの参加者で、この手のイベントではコースごとに時間をずらしたりして出発かと思っていましたら一斉スタートでした。結構観光客も珍しがって写真を撮っていましたね。

しばらく平地を走って、次第に別府市寄りになるにつれ登り道となってきます。
由布岳登山口近くで第1休憩所(14km地点)。地元のおいしいハンバーガーチーズケーキが振る舞われます。美味しいですね。

さて、由布岳に向け少し山を登るのですが、Bコースはここで塚原高原を通って折り返しになります。
結構きつめの坂があり、ふらふらしたら危ないとしっかりハンドルを持つと、先ほどのハンバーガーの油(マヨ?)で左手が滑る滑る!!! 休憩所で水を飲み過ぎてトイレに行きたいのに第1休憩所にはトイレが無い!!(笑)ので、山中にトイレを探したりと必要以上に坂登りがハードになりました(笑)

坂が終われば緩い下りの後にA/Bコースの分かれ道が近づいてきます。お疲れ様でしたSi氏!

後は、由布院~速見に向かう高速道路に沿って進みます。由布岳や草原などの良い景色を楽しみながら、、いざアフリカンサファリへ♪
・・・・と、なぜか私、この道(高速道そばの道)でSi氏に抜かれました
アレ? Si氏!? Bコースでは?? というか坂のぼるの結構早いですやん!
と思っていたらSi氏平坦路~下りで失速、、?
安心院IC近くの仙の岩第2休憩所(44km地点)。坂で離されてしまったH氏と合流。
Si氏も合流。Si氏、折り返しポイントを間違えてしまわれたらしく、BコースではなくAコースに入って来てしまい、、(H氏とメタボ相談員Sが悪魔の唆しを行い)このままAコースに挑戦して頂くことになりました♪

さて、ここからは後半の難所というか最後の坂。傾斜はそこそこ(一部分10%近いけれども全体は4~6%くらいかな?)なのですけれど、無駄に長い5kmほどの「生殺しのような坂」があります。結構押して上がる方もいました。

で、私。メタボなのに何を張り切ったか立ちこぎで10%ぽい坂を制覇!!・・・した直後にクランク(ペダルのついている軸の部分ですね)がもげました!!
力を入れてペダルをこいでいる途中で急にペダルが両方とも真下(最下点)にストーンと落ちました!
(足をペダルに固定しているため)・・・死ぬかと思いましたよ・・・スタッフの方から、工具を持っている人が第3休憩所に来るので、と、そこまで送って頂きました・・・私だけ約1.5kmほどズルをした感じになってしまいました。

をぉぉ整備不良、、8㎜六角レンチなんて普通はもっていないですよね~(というか普通の人はクランクもげません
第3休憩所には行きつけの大分市の自転車専門店のご主人(おいちゃん)がおり、おいちゃんからも「(メタボ相談員の全体重で)立ちこぎをすること自体に無理がある!」と、お笑いツッコミが!!

さぁクランク修理完了第3休憩所冷やしトマトがあり、おいしくミネラル補給ができました♪
あとは少し登りと、日出生台~湯布院町内まで続くゆるやかな下りです。終盤です。
日出生台あたりは何か(終わりが)もったいなくてもう少し走ってみたい良い景色でした♪

さて終了。クアージュゆふいん(由布院温泉館)でゴール。だいたい5時間くらいでしょうか?
まぁクランクがもげたりトイレ探して山に分け入ったり休憩所で休みすぎたり(撤収作業を始めるレベルまで休憩・笑)で、のんびり走らせて頂きましたので、、、

走行後の昼食会場半分撤収状態でした(泣笑)

いや、由布院ライドは「食事の充実っぷり」が他の人のブログなどでも取り上げられていたのでかなり期待をしておりましたが、、
炭焼き肉串♪を焼きたてで食べたり、、が取り置きのみで終了となっていて、
美味しいカレーが、途中でご飯が尽きて「おにぎりカレーがけ」になったり、三ツ矢サイダー以外の飲み物が全て終了していたり。Si氏、H氏、私が食事会場にINした時点で「おにぎり残り3個」とのこと。ふぅぅ。あ。鳥の野菜炒めは美味しかったです
その後は、クアージュゆふいんゆったり入浴。一日じっくりと由布院を楽しめました♪
(←完走証明)
でもまぁ景色も良く、楽しく走れたので是非また来年も参加したいですね。
まぁそれ以前に、、来年はもう少し速く走りましょうね♪(うまいグルメを楽しむために!!)
(←乗せて頂いたスタッフ車。感謝です!!)
最後に、8㎜アーレンキーを貸して下さったスタッフの方。第3休憩所まで車に自転車を載せてくださったスタッフの方をはじめ、運営スタッフの皆さん、休憩所で食事を振る舞って下さった皆さんや昼食会場の食事スタッフ(間違いなく近隣のホテル料亭の人もおられたはず?)さん、有り難うございましたお疲れ様でした

ちなみにSi氏気合いで70km走破したのですが、完走証明書には当然「あなたは35kmを完走しました。ここに証明いたします」だったそうで。少しガッカリされていました。

皆さんも雄大な自然と美味しいモノ食べに由布を自転車散策してみませんか?

(文:由布院のあるお気に入り蕎麦屋に行ったら入店時間が遅すぎて蕎麦が終了していた相談員S)