楽しく?センチュリーライド

福島病院自転車部です。
(私自身も含め)自転車に乗ると、距離感覚が次第におかしくなってきます
往復で10㎞程度の距離、そう福島病院からなら「菅尾駅」くらいの所が、普通に自転車の行動範囲になってしまいます。
さらにスポーツダイエットとして自転車を考え出すと、
1)無難に20㎞くらいで汗を流す
2)まずは40㎞くらいを目安にちょっと遠出
3)このあたりで坂登り(ヒルクライム)が少し楽しいと思いはじめる
4)何となく100㎞目安に遠出

と、だんだんエスカレートして(前の記事のように)自転車が自動車の座を奪ってしまいます。車は「自転車が運べない荷物を運ぶための手段のひとつ」でしかなくなってきます。いやほんと。だまされたと思ってみなさんも是非(笑)

さて、4月29日は天皇誕生日で休日をいただけましたので、前々より計画をしていた
5)センチュリーライド(のまね)を楽しむ
に挑戦。センチュリーライドとは何ぞ?というと、100マイル160㎞を走る自転車競技です。ハワイとかでもよくやっていますし、日本でも結構各地で行われている様子です。

ちょうど小倉の親戚の家に遊びに行く予定としていましたので、どうせなら自転車で行くか、と(笑)。Google先生で調べると三重町から小倉南(下曽根)まで約150㎞。まぁ寄り道するので160㎞は超すでしょう、と軽い気持ちで・・・
(長距離はクロモリ(鉄)自転車のほうが疲れません。たぶん)
さて、朝の寝坊(!)のため予定の6:30発から2時間遅れ8:30に三重町内田の自宅を出発

大体(高速が使えないので)車で所要4時間くらいでしょうから、自転車であれば7~8時間でしょうと予測を立て、てれてれ進んでいましたが、まぁ風の強いこと!!

犬飼町こいのぼり(どんこのぼり?)がほぼまっすぐ水平です。写真撮影中に風が自転車を押し倒すレベルに強悪です!

まさに大分~別府~小倉に来るなと言わんばかりの強風

・・・小倉までの行程、すべて向かい風でした。はい。泣くかと思いました
行程できついのは70㎞~80㎞地点の赤松峠(ハーモニーランド)から立石峠と思ってはいましたが、逆風でさらに体力削られて2つの峠クリアするだけで無駄に1時間経過(笑・・じゃない!)。下りで時速50㎞超は出せるはずが逆風で鬼のような減速(30㎞強まで)! (ちなみに赤松峠は標高130くらいしか無いので峠と呼んでよいのか(笑))

(赤水峠ふもとの7イレブン。この辺りで3時間弱)
(立石峠の道の駅。昼食&魚味噌買いました)
宇佐神宮につくまでで5時間経過・・・ん~、ちょっと遅いかも。

で、実は宇佐まで出てくると、あとは極端な山もないので楽だったりする・・・はずなのですが、風は依然吹き止まず

これは私の日ごろの行いが?(以下略

福岡の豊前~築上~行橋はほぼフラット(平坦道)なはずなのに、風で前に進まないこと進まないこと

とりあえず北九州空港そば(津田西)についた時点で9時間経過。もう夕暮れですわ。遊ぶ時間ないやん・・・
小倉の親戚家に寄って軽くお茶をいただいて、、辺りはもう暗くなりはじめ、、帰りも少し(豊前あたりまで)自転車乗ろうかなぁと考えてましたが、29日中に三重町に帰り着かない恐れが非常に高くなったため、JR下曽根駅へ直行。

輪行」といって、自転車は分解して専用バッグに入れて持ち運ぶとJRなど公共交通の利用がOKとなります。

あとは電車に揺られて三重町まで~。帰り着いたのは午後11時40分。なんとか1日内で行事終了(笑)
親戚や知人の方からも「小倉まで行ってすぐ帰るって、、なにやってんの?」という感想をいただいたのですが、自転車のロングライドが目的でしたのでこれはこれで大満足です。良い景色眺めながら良い運動もできました。

見かける道の駅は全て寄って、食べて、休んで、てれてれ走行距離168㎞
ありえない「常時向かい風」をさておいても我ながら9時間は「遅い」とは思いますけれど、競争でも何でもないので楽しむのが一番です。
なお、体中から塩(汗乾燥)が出ました。頬がしょっぱいという・・高校生の時のマラソン大会でもここまでの汗は出なかったと思われ。あさっては筋肉痛ぶり返しですね~

皆さんも、ロングツーリング、如何でしょうか?

(文:1階の自転車好き中年)