院長新年のご挨拶

あけましておめでとうございます。

日頃より当院をご利用いただき、誠にありがとうございます。

昨年は大きな事業として電子カルテを導入いたしました。診療オーダーを中心に電子化してきましたが、入院は10月から、外来は11月から紙カルテを廃止して全面的に電子カルテに移行いたしました。電子カルテの導入により院内における情報の共有化や効率化が進み、医療の質の向上を図れるのではないかと期待しています。

検査データや投薬内容は一元管理されているので、医師は院内のどこ部署からでも指示を出すことができるようになりました。また依頼情報が瞬時に各部署に転送されるので、指示を出してから実施までの時間が短縮されます。例えば、会計データが瞬時に転送されることにより、診察終了からお会計までの待ち時間が短くなるなどです。

電子カルテにはさまざまな利点がありますが、医師、看護師を始めスタッフがその使い方に慣れるまでは、患者様には待ち時間が長くなるなど、ご不便をおかけするかもしれません。どうぞしばらくの間、お許しいただきますようにお願い申し上げます。

医師・看護師不足、医療費の高騰など、医療を巡る状況は相変わらず厳しいものですが、地域の医療レベル向上のため、更なる努力を続けてゆく所存です。皆様にとっては今年が素晴らしい1年になることを祈念して新年のご挨拶とさせていただきます。

今年も福島病院をどうぞ宜しくお願いいたします。

病院長 福島 克彦

(医)新生会 福島病院 TEL 0974-22-3321

タグ: , ,