福島院長杯・ミニバレーボール大会。激戦再び

さる7月25日(土)、大分県豊後大野市三重町にある総合運動施設フレッシュランドみえ」にて、平成27年度(第15回)福島病院院長杯争奪・ミニバレー大会が開催されました。

この日のためにママさんバレーで練習した者。一月前から福島病院が借りた練習場(といってもフレッシュランド)にて地道に勘を取り戻す者。仕事のスケジュールがあわず練習無しで本番となり焦る者、、、とまぁ、いろいろな各部署のスタッフが一堂に会し、ミニバレーボールを通して部署ごとの尊厳(?)をかけた熱い戦いを繰り広げました。いえ、親睦を深めました。はい。

病棟や透析といった部署はそれぞれで2チームずつ作れるほど人材もいましたけれど、他の部署はどうしても1チーム作るのがやっとだったり、複数部署の混成部隊となって、参加をしました。

さて、試合開始です。予選リーグ勝ち抜き→決勝トーナメントを行うようにしており、私ども外来Aチームは、えーと、予選敗退しました!!(汗)
なお予選通過できなかったチーム達(つまり私たち)にも「再下位決定戦」という舞台が待っており、
何気に「ブービー賞は、実は4位5位とかより賞品が豪華」という噂? があり、けっこう下位リーグも皆さん必死でした。

結果、○位をゲット!!(結果はご想像にお任せします(笑))
来年こそは、もうちっと上位に食い込みたいものです。
参加した皆さん、お疲れ様でした!!

(文:福島病院広報部 佐保)