長崎は今日も(少し)雨だった

福島病院腎友会です。
5月16日、17日に、有志5名で長崎に行ってきました。

全国腎臓病協議会・全国大会が長崎で行われたからです。
また、長崎県腎臓病協議会(以下:長崎腎協)の設立40周年記念も兼ねており、全国各地より多くの透析治療を受けている方が来られるので、是非にと私(事務局・佐保)も参加をさせていただきました。

ただ、長崎は遠くにあります
九州外の方から見れば「近いじゃん?」と言えば近いのですけれども、とりあえず「大分駅に朝8時集合」のため福島病院より参加する皆さんは朝6時くらいには電車なり自家用車なりで出発準備です(結局皆電車)。
さて大分駅からは貸切バスで高速へ。

約4時間程かけて(写真の恋人の聖地? inSAを経由して)、長崎市内へ。
当初、結構な雨が降っており、高速道路・特に大分別府~日出間が交通規制となる可能性にびくびくしていましたが、意外と大丈夫で、福岡県あたりからは雨もなく。曇りのせいでそんなに暑くもなく良い天候となりました。

昼食を食べてから、市内観光へ。なぜなら全国大会は17日だから(笑)
まぁ、幹事会の時に、「全国大会の時は観光などせずに大会のみ出席するのが普通ではないか?(要は「遊ぶな」)」という貴重なご意見もあったのですけれども、会員相互の親睦は机上だけで図るのは難しいとも思いますし、全国大会のみにすると、大分(駅)を朝4時頃に出ないと間に合わないという極端な状況になるため、余裕を持つ意味でも前日よりの行動がよいようです。

定番の平和公園・像・泉を見たり(写真割愛)、諏訪神社を訪ねてみたりして、ホテルへ。
(市内を見下ろす眺めはスゴイです)
世界情勢に疎いもので私は知らなかったのですけれど、長崎の夜景は「世界・新三大夜景」の一つになっていたのですね?
トムヤンクンボルシチあと一つの「世界三大スープ」と一緒で、起源(三大スープの定義は間違いなく日本人起源)が良くわかんないのですが、まぁそれだけ素晴らしいのでしょう。実際かなり綺麗でした。

さて17日。全国大会開催です。

(長崎蛇踊りがお出迎え)
(県総会とは比べものにならない程多くの参加者!!)
総会自体は無難に進み、透析の食事に関する話や、老親の介護についての話など、ためになり、考えさせられる講演が行われました。参加した皆さんも(小休止中に)講演内容についての話をしており、良い刺激、良い学習になったと思います。

わたしたち福島病院腎友会も、来年度、設立20周年を迎えます。
まぁ、規模的には全国大会に及ぶべくも無いのですけれど、皆さんのためになり満足いただける記念的な行事を計画したいと思います。

(文:福島病院腎友会 事務局 佐保)