退職者に感謝状

平成26年12月当院を定年退職された看護師に、病院長より感謝状が送られました。

朝礼の場で、院長より感謝状が渡されました。今まで、定年退職される方には、病院より花束や記念品の贈呈はありましたが、全職員の前でまた、院長より感謝状が送られたのは今回が初めてでした。

今回、感謝状を贈るということになった経緯は、立ち上げ2年目を迎えたフィッシュ委員会が関係しています。ご存知のようにアメリカはシアトルの魚市場で導入されたフィッシュ「仕事を楽しむ」「相手を楽しませる」「相手に向き合う」「態度を決める」という4原則に則り破綻寸前の市場を復活させたことでも有名です。我が国でも、東京慈恵医大病院に平成16年に導入されその後、全国に広がりました。

当院でも2年目を迎えたフィッシュ委員会の中で、毎月いろんな意見やアイデアが出ています。例えば、院内に季節の飾りつけを行い患者さんに季節感を味わっていただこうとか、他部署に移動されたかたをウェルカムボードで出迎えたりなどの提案をして実施しています。そんな話し合いのなかで出た意見が、今回の感謝状の贈呈でした。

看護師として、当院に30年勤務され定年退職されるということを伺い、職員の前で院長から感謝状をもらったら嬉しいのではないかという意見があり、看護部長より病院側へ依頼したところ快諾していただき、初めての感謝状贈呈となりました。その後、退職されるご本人より喜びと感謝のことばをいただきました。

私たちフィッシュ委員は、長年病院のために頑張ってくださった方に感謝の気持ちを伝えられたらいいなという気持ちで提案させていただきました。今後も職員みんなが働きやすい、楽しい環境づくりの手助けができればと考えています。

退職された、Mさんお疲れ様でした、第2の人生を謳歌してください。

フィッシュ委員会 大久保

(医)新生会 福島病院 TEL 0974-22-3321

タグ: , ,