腎友会街頭キャンペーン ふるさと振興際 in 道の駅みえ

 福島病院腎友会は、毎年、三重町のふるさと振興祭に参加し、透析治療に対する理解を深め、(国会誓願などで)臓器移植法案などの制度改革を行っていく活動を理解して頂くために、街頭キャンペーンを行っています。

今年は、11月7日(日)に三重町道の駅で振興祭が行われ、透析治療を行っている方4名、病院スタッフ6名、豊後大野市のライオンズクラブ様より11名、家族等5名と、例年より多くの参加を頂きました。

 

天気はくもりでしたが、雨も(昨年のような)強い風もなく、体調を崩す方がいなかったのは幸いでした。皆でパンフレットを配布し、予定よりだいぶ早い時間で配布は終了しました。あとは、神楽を見たり、農産物の購入をしたりと、振興祭のイベントを楽しんで、無事今年の街頭キャンペーンも終了となりました。

今後も10~11月の地域の祭りに参加して街頭キャンペーンを行う予定ですので、その際には私たち福島病院腎友会のテントへお立ち寄りください。

 

 

 腎友会事務局 佐保