秋は深すぎても駄目

福島病院腎友会です。
というよりはも近づいてきている昨今ではありますけれど、私たち腎友会では、11月2日(日)、会員相互の交友を深めようと、「秋のバス遠足・熊本、阿蘇草千里ツアー」を実施しました。

毎度のことですが、天気予報は雨っぽいです。
降水確率60~70%? もぅ、当院の腎友会行事に雨はつきもののような気がしてきましたよ
でも参加者は例年よりちょっと多く、とにかく雨が降らないことだけを祈っていました・・・

さて当日。
大分県南部の降水確率は、午前20%→午後50%。阿蘇地方は午前50%→午後20%。
とりあえず阿蘇の方に確認を取ると「今は雨は降っていない」とのこと。漠然とした不安を胸にバス遠足決行。

確かに雨は降りませんでした。天気の神様に感謝

でもまぁ、阿蘇山の霧の深いこと深いこと

山に近づくほど霧は濃くなり草千里ヶ浜に到着してみれば、30メートル先さえよく見えない最高のロケーション・・・

「阿蘇山の雄大な眺めを楽しみましょう!!」
「馬に乗って草原を駆けるのも楽しいかもしれません!!」

と、期待していた皆様の心をバッキリと折り砕くに十分なインパクトですな。

写真の通り、土産物屋は形さえわからず、馬の厩舎はどの方向にあるかもわからない始末。山だから多少は厚着を・・と上着を羽織っていましたが足りません。冷えます

・・・まぁ、気を取り直して昼食に阿蘇ファームランドへ。
こちら(山の麓)は良い天気先ほどの濃霧が嘘のよう
やっと、参加してくれた皆様も食事やショッピングを楽しんでいただけたと思います。

さて、阿蘇山・草千里ヶ浜がガッカリでしたため、予定より早めにタイムスケジュールが進んでしまいましたので、阿蘇神社に参拝してみようと寄り道をしてみました。

11月だから阿蘇神社はそんな大きなイベントは無いでしょう・・・と思っていましたけれども、よく考えなくても文化の日に連なる連休なのですから、結構な観光客が。

時間的には予定通りで、福島病院へ戻ってきました。
霧は・・・もうどうしようもないレベルでしたけれども、全体的には参加した皆さんには楽しんでいただけたようで良かったです。

これにめげず、次もまた楽しい腎友会行事や遠足を計画していきたいと思います。
(文:福島病院腎友会事務局)