昔取った杵柄でボウリング

私たち福島病院腎友会は、9月21日に大分市明野で行われた大分県腎臓病協議会主催のボウリング大会に参加しました。
例年6月頃に行われるのですが、今年は5月に県腎協主催のスポーツ大会が行われたため、少し遅い開催となりました。
でも、そのほうが時期・気候が良かったのか、参加者は例年より多く(130名程度)、福島病院からの参加者も14名と増え明野OBSボウルが「全レーン貸切」となりました。

さて試合開始です。の前に、せっかく大分市明野まで来たのですから、と、自然食志向のバイキングのお店で昼食をみんなで食べました。
なぜかバイキング店が本日のみのサービス日だったようで、食事代が少し安くなり、食事時間制限もないという話となり、「もうボウリングに行かずにゆっくりと食事を楽しもうか?」という誘惑に負けそうになりましたが、まぁ、そこは腹八分に抑えました。
さて試合開始です。
(会長挨拶)
大概例年、皆さん1ゲーム目はそこそこ良いスコアで、2ゲーム目から疲れが出始めてスコアがガタガタになることが多いのですが、今年は何気に皆さん安定したスコアを出せていました。ちなみに私たちチームの中では初参加の方のほうがよいスコアだったりしました。・・・頑張ろう古参達(わたくし含む)。
(座り場がないほどに参加者多数!!)
今年は5位内表彰は逃しましたが、参加した皆さんは飛び賞で結構賞品をゲットできていました。
(商品の山)
皆さんお疲れ様でした。来年こそは上位入賞できるようにしたいですね。

(文:福島病院腎友会 事務局)