二回順延ふれあいスポーツさて本番

福島病院腎友会です。今回記事は、先々月の地震記事(3/19)の続きとなります。
大分県腎臓病協議会(以下:県腎協)が主催する「ふれあいスポーツ大会」というイベントがあり、例年、私ども福島病院腎友会も参加させていただいていますけれども、今年(度)は何の呪いか祟りかとばっちりかわかりませんが、本来の昨年10月開催日は雨で流れ3月に延期、今年3月は雨でも大丈夫なように室内にしてみたら、ホワイトデーの地震の影響で体育館天井破損のため中止
三度目の正直とばかりに、今度は5月11日に室内で開催することとなりました。場所も大分駅そばのホルトホールに変更し、今度こそ大丈夫そうです。
福島病院からは、11名が参加。まぁ例年と同じくらいの参加者数ですね。

なお余談ですけれど、会場のホルトホール地下駐車場があるのですが、「高さ制限2.1M」と書かれており、天井がえらく低いです。参加者皆で乗り合わせに使った福島病院の送迎車ト○タ・ハイ○ース」はカタログスペック上、「全高 1,980mm~2,285mm」とのことで、結構ぎりぎりというか、オプションつけたらアウト車高で、えらくスリリングな気分で駐車しました。

閑話休題

会場できたばかりということもあり、とても綺麗でした。参加者が比較的少ない病院患者会もあったため、私たち福島病院腎友会は、大分市と県北の病院患者会の方達と一緒のチーム、「合同チームD」となりました。
早速10時より競技開始。缶立てリレー、ミニボウリング、ストラックアウト、輪投げ、等々の競技を楽しみながら、皆さん、良い汗がかけたと思います。

ほんとに、あっという間に、楽しく、全競技が終わりました。応援やヤジもまた面白く、他の病院の透析患者とふれあえる貴重な機会を参加者みんなが笑顔で過ごせたと思います。

なお、私たち「合同チームD」は、ミニボウリングで優勝! その他の競技でも2位、3位を獲り、全競技総合でも2位と、かなり良い成績となりました。

参加者の皆さんお疲れ様でした。
次回は総合1位!? を目指しましょう。
(文:福島病院腎友会 事務局)