強行すればよいこともあり

福島病院透析患者会、腎友会です。
腎友会では例年、春と秋にバス遠足を行うようにしているのではありますが、
かなり強力な雨男・雨女のどちらかがいるようで(3月の国会誓願を鑑みるに雨男は事務局の自分のような気もしてきましたけど)、結構イベント当日だけ雨という状況予定が流れてしまうことがありました。

今年の春は、花見の時期を少しずらし4月20日(日)に湯布院観光と洒落込んだのですが・・・
降水確率70%来やがりました。それも当日のみ(土曜日晴れ、月曜日も雨無し)。戦々恐々として天気予報を毎日チェックしておりましたが、天気予報は変わらず。
しかし役員会長と話しあいを行い、「でも決行しましょう」という話に。
それを祝福?するかのように降水確率は一時80%までUP!!

さて当日豊後大野市三重町は、朝5時から結構な雨が降りまくりました
参加者の方からも「今日本当にするの?」と確認の電話が来るくらいです。
事務局の私自身も、雨が降って風邪をひく人がいたらどうしようと心配をしていたのですが・・・

それでも決行。

8時半頃に福島病院前に集合し、バスに揺られて1時間半ほどかけてついた湯布院は多少小雨がぱらつきましたが、ぎりぎり傘がなくても大丈夫な感じでした。皆さんの日頃の行いの良さが反映された感じでしょうか?
でもまぁ、しっとりと薄霧に包まれる湯布院は、とっても情緒があり素敵なのですけれど、

とにかく寒い

これに尽きました。
事前に下見に来たときは晴天だったため暑いくらいだったのですが、かなりな涼しさで、
観光に来たうちの数人は、最初の店を見てから、バスに戻ってしまいました(風が冷たいので)。
かと思うと、店々を渡り歩き、1万円(以上)程、土産物につぎ込む方もおられ、「湯布院温泉祭り」の神輿と爆竹パフォーマンスも楽しんだりと、2時間の散策時間はあっという間に過ぎていきました

さて、お昼は「五衞門」さんという食事処で鶏の陶板焼きを食べました。
(食彩や 五衞門 公式HPより引用)
食事をした皆さんにもかなりご満足いただけたようで良かったです。

その後、風邪などで体調を崩す人もなく、無事、春のバス遠足を終えられて良かったです。
次回は、とにかく晴れて欲しいですね。
参加者の皆さん、お疲れ様でした。また次回も楽しい行事を計画していきたいと思います。
(文:福島病院腎友会 事務局)