平成30年度子育て支援活動報告(産・育児休業 女性職員)

2018 年 6 月 9 日

産・育児休業 約1年

理学療法士 紺野

平成29年 ~ 平成30年4月

二人目妊娠、出産にあたり育休・産休制度を利用しました。おかげで産前、産後充実した日々を子どもと過ごせました。子育て支援制度導入をしてくださっている病院はもちろんですが、何より直属の上司と同僚には妊娠中よりお世話になり、感謝の言葉しかありません。共働き世帯が増え、子育てしにくいという声が聞かれる昨今、子どもを産んでも元いた職場に席がある事、キャリアを生かせる事はとてもありがたいです。
現在は2時間の時短業務を利用しています。職場の理解に感謝しつつ、今後も業務に育児にはげみたいと思います。

(医)新生会 福島病院 TEL 0974-22-3321

梅雨に入りました

2018 年 6 月 7 日

5月に植えたゴーヤが、ほどよい雨にも恵まれてこんなに伸びてくれました。

今年は成長が早いですよ。

そろそろ日差しも強くなってきます。早く育って暑い日差しから私たちを守ってくれることでしょう。
楽しみにこのゴーヤの成長を見守りたいと思います。

(グリーンプロジェクト2018)

外来 甲斐

(医)新生会 福島病院 TEL 0974-22-3321

通リハだより  5月号

2018 年 6 月 1 日

肌寒く長袖・長ズボンを着た次の日に、30度を超え半そで・半ズボンで過ごしたい日が入り混じり、少しずつ春から夏にかけての季節の変化がわかるような時期になってきました。

今回は春の壁画の紹介をしたいと思います。

今回も、作品の製作は利用者様を中心に行っていきました。

大きな一本の木を中心に 3月の間は春を感じさせる満開の桜を咲かせていました。

4月からは木の足元に芝桜を咲かせ、桜の花が散った後に、緑々しい葉っぱを茂らせ、さくらんぼの実がなった、立夏を感じさせる壁画に変化していきました。

一枚の絵がこのように変化していくのを、スタッフだけでなく、作品を作っていた利用者の方々も楽しんで眺めているのが印象的でした。

また次回も利用者の方々が楽しんで作り、見て楽しめる。

そのような作品を作っていきたいと思います。

通所リハビリテーション 玉田

(医)新生会 福島病院 TEL 0974-22-3321

腎友会春のバス遠足2018

2018 年 5 月 30 日

腎友会春のバス遠足2018年5月13日(日)

透析患者会・福島病院腎友会による毎年恒例・春のバス遠足に行ってきました。

今年は九重・夢大吊り橋と阿蘇三愛レストハウスへと向かいます。
参加者は当院スタッフ4名を合わせて26人。
この日は生憎の空模様となっており、強風と雨の中、病院を出発したのでした。
竹田の道の駅でトイレ休憩を行った後、更に雨が強まり、誰もが夢大吊り橋を渡る事を諦めかけていたのですが、目的の吊り橋に到着すると降っていた雨が止み、霧も晴れて素晴らしい景色が堪能できました!

昼食は三愛レストハウスでバイキング。
料理の品数も多く、患者さん達も美味しい食事を楽しんでいたようです。


また、お土産売り場が非常に充実しており、当院スタッフも大量にお土産を買いこんでいました。

今回のバス旅行は天気が心配されましたが、あまり雨に降られることもなく、楽しい旅行になったと思います。


参加された皆さん、お疲れ様でした。

透析室 高橋

(医)新生会 福島病院 TEL 0974-22-3321

満喫湯布院サイクリング

2018 年 5 月 28 日

福島病院自転車部です。
昨年に続き、今年(5月27日)も出場しました

第9回 湯布院ライド

以前3人でしたが

今年は、A会長坂好きH氏剛脚N氏ヒルクライマーAs氏、私メタボ相談員S。さらに大分市から強力な助っ人? AN氏(紅一点)の6人が参戦。
(今年はカーボン車で(奥の赤いヤツ)。手前はAs氏のバイク)
コースはアフリカンサファリ~院内町の境まで行く70kmコースと、塚原高原側を走る35kmコースがあります。
みんな70km参戦と思っておりましたが、なんとA会長! 35kmコースに!!(←なおA会長。5月3日のツールド国東はその剛脚で96kmコース余裕で走ってました

300名近くが由布院駅の前に集合し、9:30一斉にスタート。湯布院町内をぐるっと回り、別府方面へ次第に山登りをしていきます。

町中はかなりのスローペースなので、おちゃらけでN氏とAs氏が最軽ギアで超高速回転=ハイケイデンスで走り始めました(←作戦1(笑))
14km地点・由布岳登山口前が第1休憩所です。みんなまだまだ余裕です。私Sが一番遅いくらい。
ここからが本番? 10%超えの坂登り→高速道路と併走しながらアフリカンサファリへ。アフリカンサファリの後は下り~平地となり私S的には楽しい暴走(笑)の時間が来ました。普通に下り60~70km/h、平地40km/h台で疾走します。

44km地点・院内町との境が第2休憩所です。
H氏、N氏ははかなり余裕。私Sが数分遅れ。下り~平地が少し苦手?なAs氏が遅れ始めました。As氏が休憩所についたので早速出発♪ 「休めないじゃん!!」とAs氏からツッコミが、、、(←作戦2(笑))

さてここから12kmほど先の峠の第3休憩所までは殆ど登りです。平地はともかく、登りはN氏H氏についていけずじりじり遅れるメタボS。休憩がちょっと少なかったAs氏。 まぁ今年は昨年みたいにクランクがもげるといった惨事も起きず無難に坂をちまちま上がっていきます。というか昨年は鉄自転車→今年カーボン車なのでむっちゃ楽ですわ。

第3休憩所H氏N氏に坂で20分?の差をつけられて私S到着。冷やしトマト最高です。 次に20分?ほどして助っ人AN氏到着(知人にメカトラブルがあった様子)。
あれ?、、、As氏は? 30~40分と時間がたちスタッフが確認のため山を下り始めました
戻ってきたスタッフから「あなたたちの連れのAs氏足の攣りにおそわれています」とのこと。
えーと、つまり上記の作戦1・2が良い具合にAs氏のスタミナを削り取って、ミネラル不足+プチ熱中症状態に!?(←違w)
第3休憩所が撤収を始めたので、As氏には申し訳なくも皆さん出発。
後はちょっと登りがあるものの、日出生台まで良い景色と楽しい下りがあります♪

で、終盤は楽しく疾走で、ゴールの温泉+食事・クアージュゆふいん(由布院温泉館)へ。
するとAs氏先に着いていてグロッキーになっていました。第3休憩所から車で送ってもらったそうで。
鮎の塩焼きおいしかったです♪)
食事処が撤収状況だった昨年(笑)よりも余裕を持って走っていたので、今回は食事を十二分に楽しませていただきました。
鮎は美味しすぎておかわりも♪ うどんもおかわり。プチトマトもおかわり。

先週まで雨の天気予報だったのが晴天に恵まれ、大きな事故もなく無事に終わりよかったと思います
温泉も楽しんでお土産も買って、楽しい一日となりました。
皆さんも観光&サイクリング、いかがでしょうか?
(文:イベント終了後、帰宅途中に車がパンクし山中で立ち往生しかけた相談員S)

今年は早いよ!

2018 年 5 月 12 日

福島病院の恒例となったグリーンプロジェクト!!!

今年は早いですよーーー。

はじまりましたよーーー。

夏の暑い日差しから私たち、患者様たちをきっと守ってくれることでしょう。

すくすく育て!!

そしてたくさんの実を実らせてたくさんの人たちに元気をくださいね♡

(グリーンプロジェクト2018)

外来 甲斐

(医)新生会 福島病院 TEL 0974-22-3321

足湯でリフレッシュ

2018 年 5 月 5 日

福島病院自転車部です。
一昨日の自転車イベント、ツールド国東不完全燃焼気味のメタボ相談員です。
あまりにくすぶっているので、国東イベントの次の日に自転車に乗ってだらだらと大野町道の駅へ。

特に予定もなく出発時刻も11時過ぎのため、福島病院沈田の滝~軽く山登って大野町へ。

さて、大野町の道の駅前に、先月末にサイクルハブ(休憩所)がオープンしました。
簡易休憩所と、自転車をメンテできるスペースと、足湯があります。
自転車乗りだけでなくモーターバイクの方達も来ているみたいで、場所も良いと思います。
(だらーんと足湯で休めます♪)

これだけですと走行距離が短い(15kmくらい?)ので、県道57号沿いに三重町の道の駅を目指します。GWなので結構人がいました。
(ラックは右端のヤツだけ勝手に向き変えました(笑))
三重の道の駅といえば、サイクルラックがあるのも良いですし(ただ、デフォで逆向きに設置なのはなんだかなぁ~?)、中華料理が食べられます♪(←コレ目的)

とりあえず45kmほど走行。日差しもよく、良いサイクリング日和でした。
(文:走行終了の自宅直前でパンクして涙目の相談員 )

鬼に追いかけられて国東

2018 年 5 月 4 日

福島病院自転車部です。
GW(5月3日)といえば例年の?国東。そう。ツール・ド・国東の時期がやってきました。
第37回を迎え、西日本最大級のイベントになってしまったツールド国東。昨年と変わらず福島病院自転車部からは、
A会長坂好きH氏剛脚N氏(+N父)、新人As氏、あと私メタボ相談員S6名が参加。
H氏私Sが、Aコース(160km・時間制限付き)
A会長が、Bコース(96km)
N氏家族As氏が、Cコース(70km)に挑戦しました。
(←H氏、新機(白)です♪)
さてA=160kmコースですが、ここだけ時間制限・足切りがあります。
簡単に言うと山道だろうがなんだろうがずっと平均20km/hを出せない人は失格です。「ステッカーを貼ったスタッフ車に回収されます
平地ならママチャリでも時速20~は比較的簡単ですけれど、山は速度が半減します
自分は逆に山はギリギリで走って平地で挽回する(国東の海岸線は40km/h巡航できるのは昨年確認済♪)ことを考え、極端に平地向きの自転車で挑戦してみました結果としては失敗でしたが(笑)
(下の緑のヤツ。ハンドル位置を限界まで下にして平地専用化♪)

さてスタートです。Aコースは前半に山が集中します(Bも同じく)。ニューマシーンで参戦したH氏はさすがに坂をスイスイ登っていきます。
自分はじりじり遅れながら、、、あれ?途中向かい風が強く平地でも速度が落ちてますヤバイ鬼回収車がちらちら見え始めました!!

結果。メタボ相談員S、55km地点で足切り決定(10分オーバー)

先を走っていたはずのH氏も55km地点そばでパンクしDNF(リタイア)。
距離が距離ですので疲れは少ないのですが、まぁスゴイ悔しいこと(あと15km頑張れば、後は楽々な海岸線コースでしたので)
スタッフが気を利かせて?くれて、失格となった人達は自転車でスタート地点へ(直線17kmくらいの山越えをして)戻って良いという話になったので是非にと走らせていただきました。←時間制限がないと超楽勝です♪(ヲイ)

なんというか、不完全燃焼なまま競技終了。まぁ事故もなく良かったと考えるべきでしょうね、、、と思っていたら食事休憩をしている最後の最後に強風が吹き荒れ私の自転車が勢いよく横倒しに!! うわ スゲー傷!!  むっちゃへこんで帰宅の途につきました、、、
(←転倒直後)

なお、H氏と私Sの他の皆さんは楽しく完走できたそうで。良かったです。
来年はより速くなって再度Aコース挑戦ですねぇ~♪
(文:いやそれよりも根本的な対策はまず減量というメタボ相談員S)

血管撮影装置を更新しました

2018 年 4 月 26 日

平成30年3月7日に血管撮影システムをリニューアルしました。

大きく変更されたのはX線を受ける高感度パネル(FPD)です。

従来のパネルより低線量で高画質が得られるようになりました。

主に心臓カテーテル検査や、シャントPTAに使用しています。

(右冠動脈造影図)

当院は、心電図、心臓エコー、ホルター心電図、心臓(冠動脈)CT、心臓カテーテル検査等の循環器に関しての検査機器が充実しています。

(心臓CT立体描出)

胸の痛みや違和感、労作時の息切れ等気になる症状があれば、当院専門医にご相談ください。

放射線技師 赤星

(医)新生会 福島病院 TEL 0974-22-3321

通リハだより 3月号

2018 年 4 月 26 日

2月が逃げて

3月も さらさらーーっと過ぎていってしまいましたが

いかがお過ごしでしょうか。

本当にここ何ヶ月間の 時間が経つのが早い!と思わずにはおれない感覚なのですが

皆様はどうでしょうか??

さて、3月の通リハは 大きな行事もなく・・・でしたが

月末あたりから ソワソワしておりました。

そう。桜前線がやってきたからでございました。

開花と共に、せめて帰宅時にだけでも・・と

桜見学ドライブを計画していたのです。

まぁ今年の桜の開花が 早いこと早いこと。。

普段よりも10日?くらい早く咲いたようですが

開花状況を見計らって、3月末の一週間、ドライブを催行しました。

1月、2月に厄除け(初詣、豆まき)をやったご利益で、か

一週間、雨も降らず。強い風にもあわず。

きれいに咲き続けてくれて

「今年の桜は長くもって、いいなぁ」という声が多く聞かれました。

皆さんの日頃の行いがものを言った・・・と勝手に思っているのでございました。

通所リハビリテーション 佐藤

(医)新生会 福島病院 TEL 0974-22-3321